メニュー

やうち健康院 ブログ

2010/03/08

姿勢が悪いとどうなる? part4

以前紹介した姿勢が悪いとどうなるでは、 part1では『カラダの背面に痛みが出やすくなる』 part2では『疲労が溜まる、取れづらい』 part3では『内蔵が圧迫され、働きが弱くなる』 でした。 今回のpart4では『スタイルが悪くなって、損をする』です。 猫背では、バストは垂れ、そして小さく見えます。 ウエストは太くなり、くびれのないカラダに。 ヒップは骨盤が後傾することにより、垂れて見えます。 女性にとっては、とてももったいない話になります。 同じような身長、体重でも姿勢の良い人と悪い人では 見栄えが大きく違います。 自分で姿勢を気をつけながら生活するのはなかなか難しい ものです。当院の施術は、そんなカラダを根本から改善し 良い姿勢がとれるようにするものです。 姿勢が気になる方は一度お試し下さい。
2010/02/05

姿勢が悪いとどうなる? part3

こんにちは。

先日休みを頂いてゴルフに行ってきました。

その日は、風が強くてクラブの選択に悩みましたが、風とは関係な くボールは右へ左へ・・・・

上手くなりたいものです。

 

さて、今回は姿勢が悪いとどうなる?part3です。

part1では『カラダの背面に痛みが出やすくなる』

part2では『疲労が溜まる、取れづらい』 でした。

 

part3では『内蔵が圧迫され、働きが弱くなる』です。

part2でも書きましたが、猫背になると肺を圧迫し呼吸が浅くなります。

分かりやすく肺の例えを出しましたが、肺だけでなく全ての臓器が 圧迫を受けることになり働きが悪くなります。

胃腸が弱かったり、便秘、生理痛、不妊などといった状態になってしまいます。

(器質的に問題ある場合や、先天的な問題は除きます)

原因が分からないけど、調子が悪いと言ったときはカラダを整えると 良いかと思います。

2010/01/25

姿勢が悪いとどうなる? part2

こんにちは。

今回は姿勢が悪いとどうなる?part2をやりたいと思います。

 

皆さん、わざと姿勢を悪くして猫背の状態にして下さい。

そしてその状態で大きく深呼吸をしてみて下さい。

では次に背筋をしっかりと伸ばした状態で深呼吸。

 

どちらの姿勢がより楽に大きく深呼吸ができましたか?

 

多くの方が背筋を伸ばした状態での深呼吸がよかったと実感して頂けたのではないでしょうか。

姿勢が良いと胸が広がり、呼吸が楽なんです。

まあ、当たり前の話なんですが・・・・

 

では呼吸がスムーズに行われるとどうなるか。

より多くの空気(酸素)を取り込めるので疲労回復も大。

反対に姿勢が悪いと、呼吸が浅くなり空気の取り込み量が少なくなるので疲れが溜まる。

普段気にすることなくしている呼吸。

姿勢一つで疲労回復に大きな差が出ます。

快適な生活をおくる為にも、カラダを整えることをお勧めします。

2010/01/20

姿勢が悪いとどうなる? 

こんにちは。 今日の話は姿勢が悪いとどうなる?です。

患者さんの多くが、姿勢が悪いと、カラダに良くないという認識があります。

 

では、『姿勢が悪いとどうなるんですか?』と聞くと皆『よくわからない』と答えます。

意外と知らないんですよね。

ですので不良姿勢がもたらす悪影響をこれから何回かに分けて説明していきたいと思います。

まず姿勢不良と言えば『猫背』をイメージすると思います。

この猫背で説明します。

 

 

背中が丸くなり、頭の位置が肩のラインより前となる。        

前傾となり重心が前に偏る        

前重心では倒れてしまうため、無意識のうちにカラダの背面にある筋肉で倒れないようカラダを支える。       

カラダを起こしている間、カラダ背面の筋肉を過度に使うことになり、筋肉が疲れ果て固くなり、痛みを発するようになる。

 

判って頂けたでしょうか?当院にやってくる人の大多数は肩凝りや首の痛み、腰や背中などカラダの背面のどこかが痛くなってやってきます。

胸が痛い、腹筋が痛いというケースはほぼありません。もしカラダの痛みを取ろうと考えるなら、凝り固まった筋肉をほぐすよりも、まず姿勢を正常に戻すことが先決。いくら揉んでも筋肉に負担のかかる状態を改善しない限りすぐに痛みが出てしまいます。根本から良くするなら真っ直ぐと背筋が伸びるようにしなければなりません。

2010/01/14

運動不足?

寒い日が続きますが、みなさん風邪などひいて体調を崩していませんか?

我が家の息子は昨日から熱を出してダウン。早く治って欲しいものです。

 

さて、本日のよくある質問は 『運動不足が痛みの原因?』です。

患者さんとの会話の中で、『運動してないから痛いのかな~』とか

『運動不足で筋力が低下したからかな』といいます。

果たして、それは本当でしょうか?

答えは NO

 

もし、運動不足が原因なら

・日頃スポーツをして体を鍛えてる人は腰痛や肩凝りはないのでしょうか?

・逆に日頃スポーツをしない人は、皆腰痛や肩凝りがあるのでしょうか?

 

考えてみれば判ると思いますが、スポーツをしてるかどうかは腰痛や肩凝りとは関係ありません。

実際、当院にやってくる人たちの生活スタイルを聞いても、全く関係ありませんでした。

 

では、何が原因か。

それは、疲労。

スポーツをやっていても、やり過ぎれば疲労が溜まります。

スポーツをやっていない人でも、家事や仕事を根詰めてやれば疲労は溜まります。

どんな生活スタイルであれ、疲労が溜まれば筋肉は固くなり、痛みを発するようになります。

最近の投稿
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
まずはお電話や専用フォームにてお気軽にご相談ください。
0566-24-2488
愛知県刈谷市南桜町2-27 駐車場2台
営業日と時間のご案内

P2台あり ※大型車不可

営業時間

【 月・火・木・金 】10:00〜12:00 14:00〜19:30
【 土 】9:00〜12:00 14:00〜18:00
【 定休日 】水曜日、日曜日、祝日